明治15年 (1882年) 下魚屋町にて、初代豊田宗平が屋号である桑名屋と称したことから『桑 宗』の商号で海産物問屋を創業
大正 5年 (1916年) 2代目豊田傳七が削りかつお節の製造開始
昭和 5年 (1930年) 海産物問屋を下魚屋町、かつお節製造部門を御船町に移転分離
昭和24年 (1949年) 海産物問屋部門を桑宗商店、かつお節製造部門を豊田水産加工(株)と分離
昭和25年 (1950年) 法人組織に改組。福山市御船町に資本金100万円にて株式会社桑 宗商店設立
初代社長に豊田武雄就任
昭和30年 (1955年) 初代会長に豊田武雄、2代目社長に原 幹彦就任
昭和39年 (1964年) 資本金540万円に増資
昭和42年 (1967年) 株式会社 桑 宗に社名変更
昭和43年 (1968年) 福山市西町に配送センター完成・本社移転
昭和46年 (1971年) 福山地方卸売市場に市場店を開店
昭和48年 (1973年) 福山市春日町に配送センター完成・本社移転
昭和52年 (1977年) 資本金3,000万円に増資
昭和56年 (1981年) 資本金4,000万円に増資
昭和60年 (1985年) 業務用食材部門、春日町に新築移転
平成 6年 (1994年) 2代目会長 原 幹彦、3代目社長 豊田直之就任
平成 7年 (1995年) 日配デイリー部門を福山市南蔵王町により開設
平成13年 (2001年) ドライグロッサリー・チルド部門を東中国国分(株)へ譲渡
惣菜・冷凍・冷蔵・塩干・業務用食品に特化した食品卸売業へ業態変換
家庭用一般食品及び日配食品の営業部門を東中国国分鰍ノ移管
本社前面改修工事開始
本社前面改修工事完了。冷凍・冷蔵管理の低温物流センター稼動開始
平成15年 (2003年) 創業120周年 福山商工会議所より創業120周年表彰を受ける
平成23年 (2011年) 中村角株式会社と経営統合
平成23年 (2011年) 中村成朗 社長就任